2016年11月


ニイハオ!念願のメガネを手に入れたホユアルネ!オイッス!

水の領界もクリアーしたので、しばらくは金策と学園を楽しむことにしたヨ!

それに伴い学園の時はこの胡散臭いチャイナ語を使っていくことにしたネ!みんな宜しくアル!



さて!せっかく入学したからには学生生活を謳歌したいと思てるネ。

そこで、ワタシはトモダチたくさん作ることにしたヨ!

今日トモダチになったのはこの人‼
   



二階のエントランスから一階に飛び降りようとしていたから「自殺はもっと高いところからするネ」って声をかけたらどうやら違うみたいだったヨ。

この金髪グラサン褐色ガイは本人曰く「ただのグラサンイケメン」らしいんだけど、ワタシには不良化した空豆タロウにしか見えなかったネ・・・



なんか気になるガイだったから一緒にお茶することにしたネ。

ちょっと危険なカオリのするガイ・・・

一緒にお茶してるだけなのにムネのドキドキが止まらないヨ‼

アイヤー‼もしかしてワタシこのガイに恋しちゃったアルか⁉



錯覚だったネ。

   


危ないアル。危うく危険なドキドキを恋のドキドキと錯覚するところだたヨ。

これが俗に言う「吊り橋効果」ってやつネ。

こんな安直な手じゃワタシ落ちないヨ‼



イスは今にも落ちそうだけどネ‼



   
今のところ学園はタイクツしなくて済みそうネ。

そしてこれからどんな面白い人たち、面白い出来事に出会えるか楽しみヨ‼

それじゃまたネ‼

再見‼


押してくれたら明日も頑張るヨ‼↓

神託ドレスアップしました。名付けて初心を思い出す装備。
   
麻の服からこんにちわ。自分が眩しいホユですオイッス。



 
ちょうどダクキン3の日が学園実装日。この日はみんなそっちに行っちゃうのかなと思いましたが、ツイッターで運よく募集していたフレがいたので便乗することにしました。

戦戦占僧と、初めての占い師入り構成で挑んだ結果、深夜0時を過ぎ2回目の料理も消化し始めたころ、なんとか撃破することができました!!



何度も何度も全滅し、そのたびダメだったところが見えてきて反省し、挑戦する。

自分もそうですが、初めて組んだフレが多い中パーティー全体が成長していく様子を体感でき、4に向けて自信をつけることができました。

本当にありがとうございました!




 
そしてダクキン4の日。

最後の準備に取り掛かる。

宝珠のチェック、アイテムの補充、料理の準備、そして・・・



ドレスアップしました。名付けてパーティーを不安にさせる装備。



イヤー懐かしいですねバージョンいくつだ今。

ところでこの日ですが、毎度おなじみ残業がアホみたいに伸びて21時にはインする予定が帰ってきたのが21時半。朝から何も食べてなかったんですが、空腹のほうが神経が研ぎ澄まされる気がして飲み物だけ用意してドラクエイン。ボクサーか私は。
  
それが功を奏したのか、落ち着いて敵の攻撃を見ることができ、初の4でありながら勝利の手応えは感じていました。
 
しかしそこはダクキン4。

黄色まで行くけど倒せない。

赤まで行くけど倒せない。

そんな状況が続き1食消化。



2食目に入る前、温泉につかりながら私の戦闘指導をしてくれた教官、あずにゃん先生にアドバイスを賜る。

師曰く。

image

ダクキン4のパターンは召喚→通常→テンペ→紫雲。

このパターンが見えたら攻撃のチャンス。回復がしっかりしていれば紫雲をくらって死ぬことはない。
image
ハイ!センセイ!
image
アブナイの意味を知れ。電車から轢かれれば死ぬが、ホームから出なければ死なない。わかるか。
image
ハイ!センセイ!



深く心に刻みつけた。



休憩からもどると、見慣れた顔が踊ってた。

ばちこだった。

私が楽園にいることを知り応援に駆け付けてくれたのだ。



パーティーメンバーも踊りはじめる。

気分転換も必要だ。

負けが続くと負け癖がついてしまう。

   

ありがとうばっちー。次は勝つ。

再び闘志を燃やしダクキンへ挑む。

何度も何度も崩れかけ、立て直し、ダクキンの色が黄色から赤へ。

行ける・・・!

勝ちを意識し、棍を持つ私に師の言葉が蘇る。
image 
『挑戦者の死因の4割はトドメのタイミングの読み間違えだ。反撃に遭って死ぬ。カラテを忘れるな。ザンシンせよ』
image
ハイ!センセイ!
   


レーザーは最悪当たってもいい。死ななければ。

私の仕事は死なないこと。そして死なせないこと。

そう、勝つまでは勝利してないのだ。

一度は握りしめた棍をそっともとに戻す。




戦士二人の攻撃がダクキンを追い詰める。

ダクキンも最後の抵抗とばかりに召喚を繰り返し、私たちを追い詰める。

最後に物を言うのは気持ちだ。

やれるだけのことはやった。

宝珠を集めた。

装備も買った。

練習もした。

アドバイスももらった。

応援された。

負けたくない。

勝ちたい!!
   




もう何かを語るのも野暮ってもんだ。

ひとことだけ。

ありがとう。



押してくれたら明日も頑張る↓

注意:アスフェルド学園駅から降りて校舎に入るまでの事が書いてあります。




おはようございますホユですオイッス。

昨日からアスフェルド学園が始まりましたね。

私の家にも学園長みたいな人からなんか学園がヤバイから有名人の私に学園を救ってほしいとか手紙が来ましたよ。学園の危機って私みたいないち冒険者が救えるもんなのか甚だ疑問ですが、おそらく暴力に訴えてなんとかする系の話なんでしょう。オッケー学園長それめっちゃ得意。

ただ、今の姿だと有名人過ぎてなにかと問題があるらしいので変装してきてほしい、と。

オッケー学園長、完璧な変装で誰も私だと気づかせないようにしてみせるよ。たとえアストルティアにホユという名前が2人しかいなくとも。




私の名前はホ=ユ!!シャンハイからの留学生アル!!
好きなことは昼寝のねっけつかん!!
今日からこのアズフェルド学園でドキドキの学園生活が始まるヨ!!



今日はダクキン3を倒すのに必死で気づいたら午前0時!!
そんな時間にもかかわらず普通に生徒がいるなんてほんとにここ学校なのか不安が残るけど、それこそが問題なのかもしれないアル!!
まずは生徒にそれとなく話を聞いて、学園の問題を明確にするアルよ!!




 
第一生徒発見!!
さっそく声をかけてみるアル!!



なんか知ってる人っぽいアル!!Σ(゚д゚;)

いやいやまだわからないアル。プランなんてよくある名前の一つでしかないアル。もうちょっと様子を見てみるアル。



確定アル!!

なにしてるアルか殿、部活動アルか。

イヤイヤ否定しても無理アルヨ。ほら貝を吹かせようとする人今までひとりしか出会ったことないアル。



なんか知ってる人もう一人来たアルΣ(゚д゚;)
   


学園長・・・これが学園の危機アルか・・・

私には荷が重いアル・・・


押してくれたら明日も頑張る↓

↑このページのトップヘ